世界中でもっとも売れているベストセラーと言えば、聖書です。

無神論者の多い日本でも、聖書は多くの人に読まれています。

ただ、その意味を深く理解している人は、それほど多くはないのではないかと思われ、しっかりと教えてもらいたいと考えている人もいるはずです。

関東学院高学校では、バプテスト教会の教えを基本としていることから、信者は「祈れ、働け」の教えの元、毎日の生活を送ります。

高学校において学ぶのは、この聖書の中身の理解と、聖書の中に書かれた神の知恵を学んでいきます。

正しく理解することができれば、聖書の中に書かれた数々の奇跡をお手本に、自らの人格形成に役立てることができます。

関東学院高学校では、聖書に付いて学ぶ時間が授業としてしっかりとカリキュラムに含まれていることから、在学中には正しい内容で聖書を読めるようになっているでしょう。

世界のベストセラーを正しい知識で読めるのは、大きな財産となると言っていいです。


Comments are closed.