日本国内にあるインターナショナルスクールは、日本に暮らす外国人子女が学ぶための学校です。

外国人に向けての学習施設なので授業は外国人の母国語で行われるのですが、ほとんどの学校では英語で授業を行っています。このような学校は外国人が多く暮らしている地域に必要なので、国際都市東京にはインターナショナルスクールが数多くあります。

清泉インターナショナルスクールは、カトリックの聖心侍女修道会が母体になり、もとは昭和21年、日本に来たアメリカ軍の要請によって軍人の子弟が学ぶ施設として造られた歴史ある由緒正しいスクールです。幼稚園と、12年制の教育課程があり、卒業後は国際バカロレアの資格が取得できます。現在は60もの国籍の約700人の生徒が学んでいます。


Comments are closed.